7pay、2019年7月4日に「一部アカウントへの不正アクセス発生によるチャージ機能の一時停止について」を発表

7payは2019年7月4日に、「一部アカウントへの不正アクセス発生によるチャージ機能の一時停止について」を発表しました。
「7pay」では一部アカウントが、第三者による不正なアクセスの被害を受けたことが判明しています。

不正使用発覚は2019年7月2日。
第三者がなんらかの方法で「7pay」利用者のアカウントにアクセスし、本人になりすまし、登録されたクレジットカードおよびデビットカードを通じて当該アカウントにチャージを行い、セブンイレブン店舗において商品を購入する等といったものです。

不正アクセスが疑われる人数は約900名で、金額は約5,500万円です。
※2019年7月4日6時時点

現在行っている対策として、お客様サポートセンター緊急ダイヤルを設置し、7payホームページの「重要なお知らせ」にID・パスワード管理の注意喚起を掲載。
全てのチャージを一時停止し、新規登録についても停止しています。
なお、既にチャージ済みの金額については利用できます。

[via=7pay]