PayPay、2020年7月2日より京都府税納付書の支払いに対応

PayPayは2020年7月2日より、京都府税納付書の支払いに対応しました。

京都府が発行する自動車税、法人府民税・事業税、個人事業税、不動産取得税、自動車取得税、軽油引取税、ゴルフ場利用税、府民税利子割、府民税配当割、鉱区税、府民税株式譲渡割・産業廃棄物税・府たばこ税の納付書が「PayPay請求書払い」に対応し、PayPayで支払えるようになっています。

京都府内ではすでに、京都市の個人市・府民税(普通徴収) 固定資産税・都市計画税(土地・家屋,償却資産) 軽自動車税(種別割)、宇治市の固定資産税、軽自動車税、住民税、国民健康保険料、介護保険料、保育料(保育所保育料、給食費、家庭的保育利用料)、上水道料金、下水道使用料などの支払いに対応しています。

「PayPay請求書払い」は、税金や公共料金などが自宅にいながらいつでも支払える機能で、支払額の0.5%~1.5%をPayPayボーナスとして受け取れます。

[via=PayPay]