日本電子決済推進機構、2019年秋よりスマホ決済サービス「Bank Pay(バンクペイ)」を開始

日本電子決済推進機構は2019年秋より、スマホ決済サービス「Bank Pay(バンクペイ)」を開始します。

「Bank Pay」は、スマートフォンをかざすだけで支払いができるスマホ決済サービス。
メガバンク・地方銀行等をはじめとする最大1,000以上の銀行口座から直接支払いができます。

加盟店は新たなシステムや端末を導入する必要がなく、導入コスト0円から始められます。
ランニングコストも安価に抑える予定で、導入時に1つの金融機関と契約するだけで、消費者個々に合わせた最大1,000行の利用ができます。

また、「Bank Pay」の機能を小売企業等に開放し、利用者が普段使っている飲食店のクーポンアプリやアパレルブランドのショッピングアプリなど、企業独自のアプリ内でも銀行口座からの支払い機能が利用できるようにします。
これにより、各企業は自社のアプリ内で会員証・ポイントカード等の販促機能と支払い機能を連携させることができ、利用者は1つのアプリで支払いまで完了することが可能です。

[via=日本電子決済推進機構]