このサイトについて

これから先、日本において電子マネーはいつから普及したのかと問われたら、きっと2019年が電子マネー元年だったと答えるようになると思います。

 

電子マネーはもう何年も前から存在していますが、多くの会社がサービスを提供し始め、キャンペーンなどを行いだしたのは今年、2019年です。

 

電子マネーはお金の支払い方法を変え、会計作業を減らし、時間を短縮し、物質としてのお金を減らす。

イノベーションとまではいかないにしても、人々の生活に変化をもたらします。

 

現在、QUICPayやID、Apple PayやGoogle Pay、楽天EdyやWAONなどがあり、さらに「〜Pay」が乱立しています。

この群雄割拠の中、今後どのサービスがリードしてどれが淘汰されてしまうのか。はたまた住み分けができてすべてのサービスが残るのか。

今後の動向に注目です。

 

このサイトでは電子マネーを中心に、新しいお金のシステムの情報を淡々と追っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

運営者:カルデラ